双撃のくらし

わたくし「総撃ノマド」の行動記録。

中華タブ、、、何なのか、この喜びは?

iPhoneっていうか、Apple製品の質の高さ、佇まいの良さなんかを再認識して、Apple使いに戻ろうとしたが、結局Apple製品の持つスマートさが過剰な消費と物欲の喚起に繋がるということが分かってきて、中華タブに戻ってきた。しかし、それは私にとって残念な選択ではない。確かにApple製品は洗練されているものの、いつの間にかAppleの製品サイクルに自分の「欲しい」欲望が絡め取られている。なんだか自分の物欲さえコントロールされている感じを持つのだ。確かに最新のApple製品を巷で見るのは楽しいし刺激的だが、大枚叩いて自分で買うのは「違うな」と思う。逆にこうやって中華タブを操っていると、なんだかホームカミングした安堵感を覚える。やっぱり自分はこの路線だと確信する。