読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双撃日記

非Macハ ザンネンダケド Windowsデイク。

マック熱に浮かれる。

「最近自分の中で絶賛大ブームになっているApple熱だけど、本当アブナイことになっている。新たにMacBookを買い増そうとしているのだ。新たにノートパソコンを買い増す理由など何処にも無い。なのに10万円くらいは平気で使うつもりでいるのだ。

そもそもブログを書くために必要なガジェット(仕事はChromebookでしかしない)なのに、そんなもんに何故10万も掛ける気になったのか。ブログで稼げ出すほどのブロガーならまだしも、わざわざブランドのノートパソコンをカフェで開いて喜びに浸るなんざ自己満足も甚だしい。

それを全て承知と言うならそれはそれで論は成り立つが、自分でも何がしたいのか良く分かってないのだから、そんなノリで新たにパソコンなんか買うべきぢゃない。こうやって中華タブの画面ガシガシして文章入力してるのが現実的でマトモだというもんだろう。」

 

と言ってたのに、結局沸き立つ欲望に勝てず。中古Macを買う手はずを打ってしまった。それも2台もの中古Macを。私の場合はスタバでMac開いている自分をアピる趣味は全く無いが、Macを触ることがホントに癒しになっている。何故そうなのかは自分でも全然わからないけど、まだ自分がベージュMac(PowerPCを積んだデスクトップ)を初めて触ってからそうなのだ。なぜかAppleコンピュータで文章を打っていると「救われる」のだ。Windowsではダメだし、他に私は自分を癒す手段を知らない。そういうマック熱が又再発したのだ。ハッキリ言ってバカらしい。なんでコンピュータなんていう商品が自分の在り方を左右するのか。それだったら、サーファーが「このボードでなきゃダメなんだ」とか調理師が「この包丁でなきゃ有り得ない」っていうのなら分かる。それが何者でもない人間が「Macで文章打たなきゃ癒されないんだ」ってほざいても何の説得力も無い。でも、私としてはどうしてもMacが必要で今回の高価な買い物を後悔してない。ハマるにしてもヤクとかギャンブルよりはマシだろう。最後はそう言い訳することにしている。