双撃日記

非Macハ ザンネンダケド Windowsデイク。

Chromebookってそんなに悪いのか?

友人がChromebookにしようかな?って言っているのを「(Chromebookは)やめとけ」って答えてるブログがあった。

このブログではChromebookがパソコン内部やキーボードが、フツーのパソコン(MacWindows)とは違うのでとにかくオススメ出来ないっていうけど、Chromebookだってパソコン内部は特に変わったことにはなってないし、キーボードだって特に変わったところも無い。なんかカン違いしてる感じ強い。
決定的なのは「学校指定のアプリがインストール出来ない」というところで、「ChromebookってWindows特有のソフトとかが入らないんだよね。」っていうのを「使えない」理由に挙げているところ。
もしそれが理由だとしたら、Macだってアウトだろう。だってWindows特有のなんだから。最初にMacWindowsを「フツーのパソコン」って呼んでおいて、次にはWindowsだけがマトモ扱いされてと話が変わってる。
このブログではChromebookが周辺機器が尽く対応していないところが大きなマイナス理由であるかのように述べている。これもマトモな理由になってない。
このブロガーはアンチでは無いようだが、Chromebookのことを殆ど理解していないみたいだ。って言うか、Chromebookは世間ではこういう誤解を受けまくっている(こういう理解のされ方をしている)んだろうと思う。

Chromebookをノートパソコンと呼んだのが間違いの始まりなのかも。ハード的にはパソコンだが、これは要するにブラウザ専用機なのだ。ブラウザを通じてネット上で文章を書いたり、文書を保存することになってるキカイで、ブラウザ以外のアプリケーションを受け入れる設計にもなってないし、ハードをあれやこれや繋げる設計にもなっていない。Chromebookはそれに組み込まれたOS上で動くブラウザであるこちら側とネットのあちら側とを結ぶことは出来るが、Chromebookの外側のにあるモノ(周辺機器)を結ぶようにはなっていないのだ。
そういう前提を理解せずダメ出しするのはどうかなぁって感じがする。androidタブレットWindowsアプリが入らない、周辺機器が繋がらないって言ってダメだししているようなもんだから。そもそもそういう作りになってないのだ。ダメ出しするにしても、もうちょっとマトモな理由でダメだししてほしい。

ところで大学生の友だちが「Chromebookどうかな?」って聞いてきたら、私ならどう答えるだろう?
やっぱりWindowsが無難だよって言うだろうか。
しょっちゅうパソコンで文書作成したり、ネットで調べ物をしなければならないのなら、Chromebookがやっぱりいいと思う。
まず、電池持ちがバツグンにいい。それから起動が速い。さらにハードそのものが軽くて携帯にはピッタリ。そして、何よりも値段が安い。壊れてすぐ買い換えても、2台トータルのコストもMacbookの半分くらいで済む。
このように使ってて一番痒いところに手が届く機種なのだ。
例えば10万円くらいかけてMacbookSurface買うのと、4万円くらいでChromebook買ったとしたら、絶対Chromebookが一番使い良いと思う。ただChromebookにはMacbookSurfaceのように「持つ喜び」には欠けるかもしれないけど。

ChromebookGoogleの考えたスマートなネット端末であり、かなり思い切った仕様になっている。それが自分に合うのかどうかは使ってみないと分からないのが正直なところ。だから、取り敢えずは「Windowsにしておいたら?(それが無難だし、失敗にはならないし)」となる。でも、そこにとどまってChromebookに触れないのは残念な気がするけど。