双撃日記

わたくし「総撃ノマド」のモノアディクションの記録。

Huawei AscendP2 だった。

Huaweiの端末は二台あって、そのうち新しい(あくまでも私基準で)方はAscend Pだと分かった。そこで、もつ1台の中国名(オリジナル名)は何だろうと思って調べてみた。すると、古い方の白い端末はAscend P2だと分かった。CortexのクアッドコアでRAMは1GB。

こうなってくると、AscendP10 が俄然気になってくる。HuaweiのPシリーズを四世代毎に使ってみたら、どんな感じなんだろう?

 

Huaweiは, P10, P10 Plus, P10lite を先月発表したばかりだが、liteでもRAMを3GB持っている(上位機種は4GB)ので、ライトで十分。このP10はandroid7(nougat)を採用してるので、androidの進化ぶりを確かめてみたいとも思う。

 

普段使用の場合では、私の中ではiPhone(iOS)よりもandroidの方が使い勝手が上だ。何よりもGoogleNOWランチャーがいい。朝でも夕でも、スマホを開く時何気にスワイプすると、自分の興味のある分野のニュースを用意してくれている。興味の対象から出られなくなってしまう気がしないでもないが、これはこれでいい。あとandroid端末はGoogleMAPがダイレクトに使えていい。とにかくiPhoneみたいな洒落っ気がナイ分、実用的でダイレクトに使える感じがする。一昔前みたいにiPhoneぢゃないの出来ないことはもう無くなっている。

Huawei AscendP6 という端末

前からHuaweiの302HWを使っていたんだけど、昨日それが見つからなかった。どこを探しても見つからない。「もしや落としてしまったのでは?」「iPhoneなら'iPhoneを探す'でロケーション探しをするんだけど」と思っていると、なんと「Google端末を探す」っていうのもある。知らなかった。なんか自分の中ではAppleの方が何かと痒いところに手が届くみたいに思っているけど、知らないうちにandroidは大幅に進化してるんだ。
それで早速Googleアカウントを打ち込んで端末のロケーションを探してみる。すると、「iPhoneを探す」みたいに地図が出てきて、端末のあるロケーションが示される。スゴいよ、Google。ただし、そこで示された端末名は、端末の裏面に刻んである「302HW」ではなく、「P6S-L04」。つまり、この端末の素性はAscendP6なのだ。 このAscend P6は、2013年ロンドンで発表されたが、当時は「世界最薄」と謳われた。 日本でも端末のお披露目は「Ascend P6」として紹介されている。

android端末増殖中。

   私が今持っているandroid端末を数えてみると、Xperia1台、Huaweiのスマホ2台、Huaweiのタブレット1台、中華(vido原道とnextbook)2台の計6台(スマホ3台・タブレット3台)になる。どれもがandroidのバージョンは4.x(nextbookは2.x)で今では結構古くなっている。前に持ってたNEXUS7(2012)では5.1.1だったけど、勝手にOSのグレードアップをしてから使い物にならなくなってジャンクにした。(あれはASUSの製品が悪いのか、勝手なアップグレードしてしまうGoogleが悪いのか、とにかくOSのアップグレードってしない方がいいと思ってる。新鮮味は無いけど。)

   製品としての完成度はアップル製品にかなり劣る。でも、使っていて楽しいものが多いのはなぜなんだろう。ついついiPhoneなんかより手荒に扱ってしまうが、その気楽さが却っていいのかもしれない。仕事に使うならアップルかもしれないが、毎日の暇つぶしの友なら絶対androidだと思う。

逆にiPhoneでなきゃイケナイのは何かと言うと、まずは写真だ。iPhoneの魅力の3分の1は、実はカメラとしての使いやすさ、しっかりさ加減だと思う。それからレポート作成など大量の文章入力もiPhoneの方がいい。androidのタッチ入力も悪くないけど、レスポンスが悪いと感じることが多い。だから、ブログなんかで写真交えてドンドンポストしようっていう状況ならiPhoneを選んだ方がいいかも。

でも、私のムダブログぐらいだったら、この中華アンドロイドあたりがピッタリだ。

iPhoneで書く。

ネットでニュースを見たり、Google地図見たりするなら、Android端末がいいのだろうが、文章を書くとなると、どうしてもiPhoneになってくる。何が違うのかはハッキリとは分からない。でも、論文やレポートを書くなら、ヤッパリiPhoneiPod だと思う。それで今なんかはiPhoneで書いてるんだけど、iPhoneの欠点はBluetoothではネット接続で子機になれない、ということだ。Wi-Fiを使うことになる。そうするとモバイルルーターの電池の持ちが極端に悪くなるのだ。これはどうも気分が良くない。
しかし、この大きさ、この質感となると、それを甘受するのもありかな、と思う。文書の打ち間違いが少ないし。

端末整理をとうするか。

現在10台近くのスマホタブレットを使っているが、中でも使い勝手がいいのはSONYXperia。何より使っててストレスが無い。RAMの大きさがモノを言ってるんだと思うけど、固まることや誤動作が殆ど無いのはホント有難い。不満といえば、カメラくらいか。こうやって本当に使い良い端末がハッキリしてくると、その他の端末の処理に困るようになる。
まず、Huaweiのスマホ2台、とうしようかと思っている。私の持っている2台は、Huaweiが日本市場に進出し始めたころのもので、イーモバイル(直後ワイモバイル)に採用され出した頃のものである。
どちらも液晶がキレイだったり、薄くてスタイリッシュだったりするのだが、しかしどうも使ってて、不要なストレスを感じることが多い。
こういう「使えない」端末をどうするかを今、考えているところだ。

ボロiPod touchで満足を味わう。

何回も書いているけど、第四世代のiPod touchをずぅっと使い続けている。何がイイってまずは、その持った時の感触だ。iPod touchの背面はスチールを鏡面仕上げしてるんだけど、それがとっても触ってて心地いい。iPod touchの薄さとあいまって持ってても幸せ感湧いてくる。あともう一つはサイズ。今は5インチが主流になってるけど、このスティーブジョブズが決めた絶妙なサイズが、持ってて邪魔にならない。 最後はこの液晶の見やすさ。液晶を覆うゴリラガラスの良さだと思うんだけど、フリックしてても滑るように操作できるし、鮮明でとっても見やすい。
そういうiPod touchをもう一度デイリーユースの真ん中に持ってこようかなって思ってる。やっぱ、小さいってイイよな。大きな画面が欲しけりゃiPadにしたらいいんだし。(iPhonePLUSでもいいだろう。

android端末って、使える。

日本ではスマホの半分はiPhoneらしい。世界的には圧倒的な強さだ。確かに製品としての硬質感、使い勝手はかなりイケてる。私もiPhoneファーストだと思ってたが、今はかなりandroidに傾いている。理由はOSや製品の出来の差ではなく、ネットへの接続の仕方の問題なのだ。
私は前からモバイルルーターを使ってスマホタブレットなんかの端末をネットに繋いでいる。普通Wi-Fiで繋ぐものだが、ある日Wi-Fiでは全く繋がらなくなって、前からショートカットが設定されていたBluetooth接続にしてみた。快適に繋がるし、何よりもバッテリーの持ちが格段にいい。これまでのWi-Fiだと1日は持たなかったのが、Bluetoothなら長めの1日でも十分もつ。これって経験してみると、かなりのストレスフリーで助かる。以来ネットにはBluetoothて繋いでいるんだけど、ここで問題が1つ。iPhoneって、その作りからBluetoothの子機には慣れないのでネットにBluetooth接続するって事が出来ないのだ。iPhoneandroid機に勝る大きな点って、カメラとiTunesで音楽端末(つまり、iPod)として使える点だと思ってるけど、Bluetoothでネットに繋げられないのはかなりのマイナス。
で、これからはネット接続で融通の利くandroidをメインに使っていることにした。最近android向けのiTunes的アプリ「AppleMusic」があるので、それを音楽レスニングに使えばiPhoneが無くても困らない。AppleMusicは主にAppleネットラジオを聞くのに使っている。
そんな訳で今のところ端末はandroid中心になっている。


f:id:dressbot:20170615054552j:plain