双撃日記

「中華ガジェット」はわが癒し。

マクドで書評を読む。

マクドに来て新聞の書評を読んでいる。店内は活況だ。前に客離れが新聞なんかで騒がれたが、この状態を見れば、これからも安泰なんだろうなということが分かる。


f:id:dressbot:20171017175811j:image

まず、目を引いたのは親からの自己への虐待を書いた「父の逸脱 ピアノレッスンという拷問」という本。この本の著者はフランス人で、父はムスメを一流のピアニストにすべく、著者が4歳の時から「しつけ」という虐待を娘が高校生になるまで続けたらしい。結構多いな、こういう話。オトコだったら、家出したり暴力振るったりして、ホメられた形ではなくても問題に終止符が打たれるが、なまじっか耐性の高い女性だと延々と虐待が続くことになる。

 

父の逸脱―ピアノレッスンという拷問

父の逸脱―ピアノレッスンという拷問

 

 現在この著者は父と連絡を取っているというが、それはそれでやっぱり異常だ。「寛容」とは言わないだろう。

 

その次はナオミ・クラインの「これがすべてを変える」。上下あって、それぞれが3000円ほどもするのだ。

この著者はカナダのジャーナリストだが、書いているのは「新自由主義」を批判する、反グローバリゼーションの本を書いている(「ブランドなんか、いらない」、「ショック・ドクトリン」)。

いま世界の雰囲気を悪くしてるのは、「新自由主義」に他ならないのに、真っ向からこれと対峙しようとする著作は少ない。「なんかおかしい」と皆が感じながら、その「新自由主義」の弊害を隠蔽する形で右傾化がどんどん進む。そんなバカな状況を解きほぐすためにも、こういうヒトに分かりやすい本を書いてほしい。

 

これがすべてを変える――資本主義VS.気候変動(上)

これがすべてを変える――資本主義VS.気候変動(上)

 

 
f:id:dressbot:20171017182327j:image

マクドに入って、たった一人でハンバーガーとポテトを頬張りながら、新聞の書評をむさぼり読む。寂しく悲しい風景だ。ちょっと前の自分なら、こんなとこで淋しくやっている自分を見られたくないと思っただろうが、いやいや、なんのその、悪くないよ、この状態。むしろなんだか楽しいくらい。それほど「ひとり上手」なのかもしれないが、大枚叩いて女の子とデートする気もなんだか、失せてしまった。生物学的には何か大切なものが退化してしまったのかもしれないが、本人的には結構快適だ。自分でも驚いているけど。

「中華」の使いみち

「中華」タブレットの有効な使い方がわかった。それはAmazonのPrimeビデオの端末として使うこと。

今、プライムビデオの「ウォーキングデッド」を見ている。最低のクズ映画だと思っていたのに、悪くない。いや、もっとハッキリ言えば、「爽快感」の味わえる映画だ。こういうのがあったら、酒なんていうクズは要らない。酒で神経を酩酊させて自分を慰めるなんていう、下卑た自慰をしなくてもいい。なんて発見なんだろう。もう酒とはオサラバだ。自分の精神や身体を守れないほど自分を無感覚にするなんて愚かなことだった。その点でキリスト教イスラム教は正しい。ドラッグはダメで酒はイイなんておかしな話だ。

なんか話が脱線した。とにかく、こんな貧相なタブレットでも映像が扱えるようになっただけで全然自分にとっての意味合いが変わってくる。

今もまだ「ウォーキングデッド」が流れているけど、この映像が流れている間は私の不全感は消えている。今までタブレットで色々な文章を読んだり書いたりして、その不全感を埋め合わせて解消しようとしたけど、全然ウマくいかなかった。あるいは別のタブレットを買ったり、iPadみたいな高級品を買おうともしたけど、そういうことぢゃ無かったんだ。

しかし、この「ウォーキングデッド」はスゴい映画だ。予算もほとんどかけてないだろう。アメリカのどこか分からない片田舎を近未来の放浪の地に見立てて、三流の俳優を使って、これだけのモノを仕上げてるんだから。

もう一度「中華」を突き放す。

昨日、Xperiaで、Yahoo!の記事を送ってgooブログしようとしたら、なぜか画面がブラックになって固まってしまった。Xperiaで出来ないことが出てきたり固まったりするなんてことは無かったので多少なりとも驚いた。

そんなことがあって、今日は今まで外に持ち出さなかったiPod touchの第5世代を持っていったら、すこぶる調子がイイ。なんて言うか、全てがスムーズになる。もうそろそろ不便で使いづらい「中華」に見切りをつけてもイイ頃では無いだろうか。中華タブレットは軒並みkindle専用端末に変えてやろう。それで十分機器を活かせることがデキる。

安っぽい喜びの「中華」を捨て、スムーズで優雅なiPhoneに流れよう。

元の木阿弥「中華趣味」に、戻る。

先日家電店に行って、美しいディスプレイの「家電」タブレットの良さを改めて知り、何も好き好んで「中華趣味」に走ることも無かろうと思っていたが、今日も又、中華パッドに舞い戻っている。
初期化してブラウザとKindleしかインストールしないことにした。するとやっぱりスムーズだ。見事にサイトのページも読み込んでくれる。
それで考えたのが、大き目画面のパッド+携帯端末(iPodiPhoneとかandroidスマホ)でネットするスタイル。


f:id:dressbot:20171015170550j:plain

今日コンビニに寄ってコーヒーとドーナツをシバいてた(大阪弁で喫茶するということ)時も、ずっとこの中華端末をイジってた。それで某かの癒しが得られるのだ。ほんと、不思議なことに。
そーなると、「やっぱ、次も中華かなぁ」となってくる。
実は前から赤札天国で見つけた8インチのタブレット(9000円ほど)があるのだ。コレがあと倍の9000円出せば、文句無くスペックの高いASUS製が手に入る。しかし、スペックが高いからと言って「幸福感」が得られるとは限らないのだ。そこが難しい。って言うか、安物中華にこそ感じられる喜び・癒しってあるみたい、私の場合。

VOYO X7を使い出した。

この前「赤札天国」で思わずポチッとしてしまった。VOYA X7を使いはじめた。RAMが2GB、メモリーも32GBもある。もし、このタブレットが今まで使ってきた「双撃」とは比べものにならないほどだったら、もう「双撃」への愛着を断ち切って、このVOYA X7をメインにしていくと同時に、これからは「怪しい中華趣味」をやめて、もっとマトモな「家電製品」を買っていくことにする。

しかし、今でも文章入力が双撃よりもずっとしやすいと感じる。まずIPSパネルの液晶は鮮明で発色もいい。これがまず快適さに繋がっている。


f:id:dressbot:20171014170903j:image

やっぱり使っててスムーズなのが一番だ。

原道N70四核版が又売り出してた。

私の持ってる双撃は、しばらく売り切れ状態だったのが、又赤札天国で売り出している。そのサイトに曰く、

「安価で1024×600搭載、ARM Cortex A7 RK3126 1.3GHz(MAX)で動作もサクサク動く、人気機種、原道N70のクアッドコアモデルになります。
CPUにRK3126 ARM Cortex A7×4を採用したAndroid4.4搭載の7インチAndroidタブレット原道N70四核版です。」

クアッドコアならサクサク動くと思われがちだが、RAMが512MBというのは作業スペースが小さすぎる。ちょっと立て込んだこと(例えばブラウザで見てるサイトをブロクに呼び込むなど)をすると、激遅になる。

私自身、この双撃に愛着を感じているが、又同じモノを買うかと言うと、まずそんなことはしない。

ただ、スペック不足でどこか怪しい中華には何か惹かれるものがある。

 

「中華」好みも善し悪しだと知る。

久しぶりに家電店でタブレットを見た。するとどうだろう、ASUSタブレット7インチでandroid5.xなら1万4000円で売っている。しかも、RAMは1GB、メモリーは16GBあるのだ。(どちらも双撃の倍)

しかも、プロセッサーインテルatomを使っている。まぁ、この双撃の倍ほどの値段するのだが、画面の美しさなんかも全然違う。液晶も明るい。

こういうのを見ると、果たして「中華」パッドは果たしてお得なのかと思えてくる。製品への満足感から言えば、絶対家電モノの方が上だろう。決して高い買い物ではない。

しかし、ここではタブレットは買わず(もし1万5000円ほど出すのだったら、赤札天国でオクタCPU積んだタブレット買いたい。)、870円の8GBメモリーカード(MicroSDカード)を買って、この双撃にインストールした。 これでタブレット本体のメモリに空きができて、タブレットの動作が軽くなればいいのだけど。