読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双撃日記

非Macハ ザンネンダケド Windowsデイク。

「初期化」の魅力。

今回のMacの売り損ないで分かったことがある。それは「初期化」すると気分がイイってことだ。

PowerBookでも初代IntelMacBookでも、売りに出すためには初期化、つまりデータ抜き出して、パソコンをスッキリした初期状態にしてやらなければならなかった。それでそれらのノートブックのデータを外付けHDDに移し、アカウントも新しいものにした。外側はクリーナーでキレイに磨いた。それから写真を撮り、オークションサイトにアップしたのだ。

で、売れるまで最後だからと使っていたら、何でだかスゴく気分がイイのだ。何だろう、これは?って思った。集っててスッキリした気分になれる。新品とは程遠い10年以上経ったパソコンがとっても新しいのだ。

この経験があって、私は「初期化マニア」になった。多分ミニマリストの喜びって、こんな感じなんだろう。「自分の持ち物」「自分の部屋」という所有感が私の生活を、しいては私の生活をノイズに満ちた小汚いモノにしていた。

今みたいに「やがて他人様に買って頂くが、とりあえ使わせてもらう」っていう意識の方がスッキリした気分で生活を送れることが分かってきたのだ。

今回初期化を新たにしてみた、このiPhoneも楽しく使えると思う。

Mac、売り損ない日記。

なんやかんやで買いためてきた太古Macを売りに出すことにした。どれも一応動くのでジャンクってことは無いが、どれもが10年以上前の太古機だ。Windowsならまず売れない。しかし、Macは趣味性・教祖性が高いので、好きな人は買ってくれるだろうと思った。したがって値付けもかなり強気で3~4万円とした。

結局1台も売れなかった。私が甘かったようだ。言い値で売りに出す「フリマ」は難しいので、世間のみなさんに値段をつけて頂く「オークション」で出すことにした。すると、4台中1台だけ売れた。こんなものかなぁ?

Chromebookで困ったこと。

使いやすいChromebookなんだけど、困ったことがある。
つい先日ÆONのカード会員限定の商品販売をサイトでするというので、そのホームページにアクセスした。場所は電車のプラットフォーム上。
すると、前日Windowsノートで入れたところに全く入れない。そのページはアクセスが多すぎて制限がかかっているか、既に削除されていますというのである。「えー?」って思って、これも前日にTELしてたe予約にかけてみた。オペレーターは予約は普通に受け付けているという。なぜ?
やり取りをすすめていくと、OSのことを聞かれた。Chromebookだと言うと、推奨環境ではありませんねと宣う。OSの違いがサイトにアクセスできる出来ないに影響することなどあるのかなぁと思ったが、取り敢えず電話を切って、ちょうど持ってきてたMacbookAirでアクセスすると、事も無げに簡単に出来た。つまり、アクセスにカギが掛かったサイトなどでは、Chromebookでは入れないということみたいだ。これって結構盲点だった。

iPhone、断捨離してみたけど。

iPhone5、断捨離してシンプルにしたけど、どうも使う気になれない。何でかって聞かれても、よく分からない。
朝、仕事に向かう時、最初にスマホを見る時、絶対iPhoneよりもandroidの方がワクワクがある。って言うか、androidのホーム画面をワイプアウトしてGoogleの提供してくれる、あらゆる情報が有難いのだ。なんか痒いところに手が届く感じ(たとえ悪いかも)だし。
iPod(第四世代)は気に入ってたのに、iPhoneになるとどうも「愛着ある沸かないし、面白くない」。
で、そういう「なんか違う感じ」の中でメイン端末として上がってきたのが、Xperia。今もってるのは A2でかつてドコモがGALAXYと合わせてツートップで売り出したもの。かなり古いし、見た目なんかパッとしないんだけど、それが使ってみるとかなりイイ。まず、手持ち感がかなりイイ。背面がマット仕様になってるのが使いよさを押し上げている。見た目はガラスとかメタルの方が光沢のあるあっていいのかもしれないが、持って使ってみるとコレに勝る使用はないと思う。

Chromebookを見直す。

ここんとこスマートフォンタブレットよりノートパソコンに回帰している。やっぱりデスクに陣取ってブラウズしたりブログを書いたりするならノートパソコンの方が格段にイイということを再認識している。それで最近は持ち運ぶ余裕があれば、かなり重くてもノートパソコンを持ち歩いている。一時はタブレットだけで仕事ができるなら、いかにもノマドっぽくていいって思っていたが、今はそんなバカなことは考えない。やっぱり大きな画面って気持ちいいし、スマホタブレットはガンバれば何でもできるが、ベストの環境では無いのだ。 それに最近はノートだからと言ってもスマホタブレットよりも高いとは限らない。私が現在よく持ち出すのはAUSUのChromebookだが、新品で買って3万ちょっとだった。スマホタブレットでも3万ほどって安い部類だろう。

MacBookもいい。ファッション性やステータス性があり、所有欲が満たされるだろう。しかし、ChromebookはそのMacBookの三分の一の値段だし、CPUは比べ物にならないくらいChromebookのものは貧弱だけど、ネットしてブログ書いて仕事で表計算して文書作成してということなら同等のパフォーマンスだと感じる。さらにChromebookがいいのは、あらゆるデータがネット上のドライブに保存されるので端末(つまりChromebook本体)を紛失したり盗られたりしてもデータが漏洩したり失ったりすることはないというなのだ。実はこの特徴こそがChromebookのキモなのだと思う。 Chromebookはいわゆるパソコンとは違う。要はブラウザ専用機であり、Googleのアカウントを鍵代わりにネットの世界に入り、そこで仕事をするという「ゲートウェイ」なのだ。この発想はGoogleだからこそ出来た商品だろう。

買ったときはChromebookの、PCとは違う成り立ちが面白くて常に携行していたが、飽きると放置状態になっていた。 しかし、ここのところ仕事の消化に追われて職場を出てからも仕事上の処理をするはめになり、気儘に扱えるChromebookを持ち歩いてあちこちで仕事をしていた。 するとどうだ、使いやすい、仕事しやすい、扱いやすい、ホント「使える」ツールだと実感した。

Nexus7(2012)を初期化した。(怒)

NEXUS7 seven(2012)を初期化した。 このASUSのつくった端末はGoogleのリファレンス機であるにも関わらず、OSをandroid5.xのLolipopにした途端、最悪のダルガジェットになった。このOSが端末のメモリのバグをもろに露呈させてしまうらしい。自分としては道路に叩きつけて粉々になったのを見届けるか、手間をかけて前のOSにダウングレードするかしたいのだけど、取り敢えず初期化してブラウザ専用機にして様子を見ることにした。インストールするアプリを最低限にしている現在はレスポンスはすこぶるイイ。しかし、デフォルトのブラウザのchromeを使ってるとドンドン遅くなるのは経験済みなので、OperaFirefoxとをインストールして使っている。Googleが開発したブラウザを使えないGoogleリファレンス機って一体何なんだ。バカ。 私はGoogleのサービスの大ファンだが、こんな不愉快なことを平気でする(悪いのはASUSかもしれないが)のなら、android端末なんて全部捨て去って、iPadだけで行こうかと考えたりする。。Appleなら製品管理が行き届いているので、こんなことにはならないのでは。(実際そんな話し聞いたことも無いし。) ネット上にはこのNEXUS問題を解決できたかのような浅はかなブログが溢れてるが、尽く検証を欠いた素人記事だった。もっと持続性のあるソリューションを誰か知らないのだろうか。それで仕方なくブラウザだけを使うブラウジング専用機として使っている。だから、このブログも専用アプリを使うのではなくブラウザ上から書いているが、やっぱりかなり書きにくい。 前に使ってた台湾メーカー製のnextbookが無反応と放置放電を繰り返すダメダメタブレットだったが、ブラウザとメール以外は使わないアプリ不使用機にしたら、安定性がすこぶる良くなったので、今回もそうした使い方が現実的なのかなと考えている。この端末は画面はすこぶるキレイなので、暫くはそうしようか。

新たな中華が欲しくなる。

双撃を初期化してインストールするアプリもミニマムにしたら、すこぶる調子がいい。さっきもコンビニのイートインで触ってたんだけど、メッチャスムーズです。

それで、なんか気分が高揚してきて(こんなことでか!)、「こんなに自分の気分に影響するものなら、もっと他にも買ってみたい!」と思えてきた。「こんなのムダ遣い一直線だ、イカん!」と思いつつも、タブレットで中華タブレット専門の通信販売のサイト(「赤札天国」)をしっかり見ている。そして、ココロはフラフラと買い気に走り、「今度は今メインストリームになっている8インチがいいかなぁ」とかほざいている。

このまま行くと間違いなく買うだろう。でも、その際に注意したいのは、決して理想的なタブレットを買うべきではないということ。例えばiPadとかファーウェイの最新機種(MediaPad m3)とかは、買っちゃいけない。

私には「安物買い」の「安物遣い」のところがあって、どうやらそのビンボー趣味が安らぎと喜びの源泉らしい。

その線で新機種のこと考えよう。