双撃日記

非Macハ ザンネンダケド Windowsデイク。

Shimejiを使う。

中華タブの日本語入力には、Shimejiを使ってる。自分が使っているタブレットが中華だから入力も中華というわけではない。Shimejiはどのフロントエンドよりも使いやすいのだ。

初めてShimejiを使ったのは、モバイルルーターをかつてのemobileで契約した時にタダでくれたタブレット(台湾のnextbook)にインストールされてたのがShimejiだったのだ。このタブレットandroidは2.3だったし、その上に乗っかってるShimejiもそう賢い変換が出来るわけでは無かった。でも、使っているうちに愛着が湧いてきて、2台目のタブレットとしてNexus7(androidは4.2)買った時も入力にはShimejiをインストールした。少なくともGoogle入力よりは使いやすかった。

Shimejiが中国の百度(バイドゥ)に開発されたインプットメソドで、ユーザーに無断で変換情報を中国のサーバーに送り込んでいるということはずっと言われていた。しかし、それゆえShimejiのクラウド変換は限りなく賢くてiOSの日本語変換の上を行っている。最新の用語や言い回しに対応していて「痒いところに手が届く」入力メソドなのだ。

今ではiPhoneでもSimejiを使っている。日本国産ではなく、中華企業がもっとも優れた日本語IMEを開発できたというのは何となく「やっぱダメだな、日本」(日本人以外誰も知らないcoolJAPANの逆)を感じさせるが、実際使いやすいんだから仕方が無い。